【KIRISIMA】Shochu Club Vol.76 畑中 美智子さん


“食”のスペシャリスト!
体と心を健康に元気に導く
薬膳カウンセラー

Monthly Guest vol.76
畑中 美智子

薬膳カウンセラー
 
Profile
都城市出身。英語教諭として県立高校で17年間教鞭をとる。その後、「可能性を試したい」と、やりたかった農業へ挑戦。2006年宮崎市糸原で農園「サンシャインファーム」を立ち上げる。無農薬のブドウやイチジクを栽培するとともに、体の中から美しくなるための食事法講座(インナービューティー講座)を開講。薬膳やマクロビオティックやローフードの講座を通し、食の大切さを伝えている。現在は、体質診断や心の状態を診て食のあり方をサポートする望診カウンセリングや漢方、後進の育成にも力を注いでいる。



 
「食は人の体だけでなく心のあり方も左右する」と食の大切さを伝え始めて8年。多くの人を健康へと導いている薬膳カウンセラーの畑中美智子さん。薬膳・マクロビオティックなど食事法講座を開講している。なかでも力を入れているのが「女神プロジェクト」。「女神プロジェクト」は、2週間の食生活改善プログラムの「プリンセス・ファスティング」や、四診(望診、問診、脈診、舌診)からその人の体質や気の流れ、心の状態を診て食生活をアドバイスする「望診カウンセリング」、「ひめ薬膳教室」などだ。
「プリンセス・ファスティング」はこれまでに700人が体験し、その全員を成功に導いている。カウンセリング後、マクロビオティック(玄米菜食)生活がスムーズにできるように、その人に合わせたプログラムを組む。ファスティング(断食)をすることで、これまでの食習慣を改善して脳内をリセットし、デトックスしながら減量、自然治癒力を向上させ、新陳代謝を高めるプログラムだ。体験者は2週間で平均 ㎏、1ヶ月で約8割の人が5㎏の減量に成功している。体験者からは「食事を見直したことで自分を見直すことができました。心と体が軽くなり、前向きな気持ちになりました」「これまでいかに余計なものを食べていたかが分かりました」などの感想が寄せられてくる。「教員魂なのかな。関わった方たちに落ちこぼれを作りたくないんです。みんな変わりたいという気持ちを持って来てくれています。だからひとりひとりと真剣に向き合います。2週間のファスティング中は辛い時もあるから、毎日メールをして徹底的にサポートをしています」。 8年前に、英語の高校教諭から一転、「自分の可能性を試したい」と全く畑違いの農業に飛び込んでの挑戦を始めた畑中さん。当初は、果樹栽培やジャム作りを手掛けながら、食についての勉強を始めた。独学で食と健康について学び、必要とあらば東京でも大阪でも貪欲に足を運んだ。今では食と健康に精通するプロフェ
ッショナル。「食は人が生きていく上での原点です。食が乱れると体が疲れ、心も元気が出なくなります。食を正せば、健康になれるだけでなく美しくなれる。その人が放つオーラまで変わってきます」。
天真爛漫でなんでも話せるお姉さんのような雰囲気を持っている畑中さん。だからこそ、多くの人に慕われ、周囲に人が集まり、畑中ワールドが広がっている。その原点は、「都城で育った焼酎文化にあるのかも」と話す。「幼いころから家族や地域の人が集まるところに必ず霧島の焼酎があったんです。焼酎を通してコミュニケーションをする大人たちを見て育ってきました」。人と人が心地よくつながっていくこは今の仕事と似ている。
これからの夢は地産地消や医食同源を伝える「国際中医師」になること。「食で世界を平和にしたい」と漢方にも力を入れ始めた。ひとりでも多くの人を救うには、ひとりの力では限界があると、指導者育成にも取り組んでいる。「食で人を幸せにし、その輪を広げて世界を平和にしたい」。大きな夢を掲げ、実現へ向けた挑戦を続けている。
 


デート!女子会!パーティーに!
伝統イタリア料理が
気軽に楽しめる店

宮崎市のニシタチ通りに1年前にオープンした本格イタリア料理店『ジョルノフェリーチェ』。照明を抑えた店内は大人な雰囲気が広がり、イタリアのカフェを思わせる空間だ。テーブル席とカウンター席、個室があり、テーブル席はスクロールのすだれで仕切れるので、個室感覚で楽しめる。
店のコンセプトは「昔ながらのイタリアの郷土料理を、気軽に楽しめる店」。イタリア直送の食材や契約農家で作ってもらうイタリア野菜、こだわりの熟成肉などで、イタリアの伝統料理を作っている。「食材にこだわり、シェフ魂でひとつひとつの料理を丁寧に作っているところが好きです。千葉で契約農家に作ってもらっているというイタリア野菜も魅力的。パスタもアクアパッツアも、どれを食べてもおいしいです」と畑中さん。
イタリア直送のパルマ生ハムやミラノサラミ、コッパなどは切りたてを出してくれる。毎日焼く自家製パンなどシェフの丹精込めた料理がテーブルを賑わわせている。「理にかなった伝統料理を食べながらみなさんに楽しい食事のひとときをすごしてもらいたい」。多くは語らず黙々と真心の込もった料理を作ってくれるお店だ。
▲『渡りガニのタリオリーニ』1,800円(税込)、『生ハム・コッパ・ミラノサラミ・モルタデッラ』各700円(税込)、自家製パン400円(税込)

イタリア料理店 ジョルノフェリーチェ
住所 宮崎市中央通1-22MYビル1階(ニシタチ通り)
電話番号 0985-34-9969
営業時間 18:00〜翌2:00(月〜木)
18:00〜翌4:00(金・土・祝前日)
定休日 日曜日

投稿日時:2015.10.10(Sat) 17:43:00|投稿者:charge|